10月29日(土)自民党女性部県内研修
平成28年10月31日

10月29日(土)自民党女性部県内研修を、女性部長 森 礼子 県議会議員、女性部長代理 丹羽 直子 和歌山市議会議員をはじめ、和歌山県内より約50名の参加により開催しました。

岩出市の旧和歌山県議会議事堂・九度山町の真田ミュージアム・真田庵を見学し、あらためて和歌山の歴史を知ることができました。

自民党女性部県内研修 自民党女性部県内研修
自民党女性部県内研修 自民党女性部県内研修

11月2日(月)自民党女性部街頭演説
平成27年11月9日

11月2日(月)午後3時よりJR和歌山駅前において大阪府知事・大阪市長選挙についての演説に引き続き自民党女性部街頭演説を行いました。

11月は児童虐待防止推進月間ということで、児童相談所全国共通ダイヤル189(いちはやく)そして子ども虐待防止のシンボルであるオレンジリボン運動について、鶴保庸介参議院議員・大江康弘元参議院議員・女性部長の森礼子県議会議員・女性部長代理の丹羽直子和歌山市議会議員・木国政経塾三期生の鳥居宏昭氏らが演説し、白浜支部女性部長・木国政経塾三期生の笠原惠利子氏が司会を務めました。

自民党女性部街頭演説 自民党女性部街頭演説
自民党女性部街頭演説

「日本を元気にする国民運動」街頭演説会(平成25年10月19日(土))
平成25年10月25日
党本部に10月15日、総裁直属となる党則83条機関として新たに「日本を元気にする国民運動」実施本部(本部長:小渕優子衆議院議員)が設置されました。
安倍政権が現在進めている日本経済再生を確固たるものとし、アベノミクスの成果を全国津々浦々まで波及させ他方経済の好循環を実現することを目的とし、その前提となる国民所得の拡大・デフレマインド打破の気運を盛り上げる運動を展開。
和歌山県は、全国に先駆けJR和歌山駅前にて、竹下亘組織運動本部長・参議院議員 三原じゅん子女性局長・牧島かれん衆議院議員・太田 房江参議院議員をお招きし、門博文衆議院議員・森礼子県会議員・丹羽直子市議会議員とともに、街頭演説会を開催いたしました。

〇日時:平成25年10月19日(土)15時30分
〇場所:JR和歌山駅前

【スケジュール】
  1. 開会・進行 森 礼子 (和歌山県連女性対策局長)
  2. 和歌山市議会議員 丹羽 直子
  3. 衆議院議員 門 博文
  4. 女性局次長 太田 房江
  5. 女性局次長 牧島 かれん
  6. 女性局長 三原 じゅん子
  7. 組織運動本部長 竹下 亘
  8. 閉会 森 礼子 (和歌山県連女性対策局長)

平成25年自由民主党女性局近畿ブロック会議(平成25年10月19日(土))
平成25年10月25日
自民党女性局長三原 じゅん子参議院議員を迎え、近畿2府4県の女性部代表者約30名が、平成25年の活動報告、「ハッピーオレンジ運動」の実施状況、平成26年の党女性局活動方針についての意見発表を行いました。
午後より党組織運動本部長竹下 亘衆議院議員、党女性局次長牧島 かれん衆議院議員、党女性局次長太田 房江参議院議員も会議に参加され充実した会議となりました。

〇日時:平成25年10月19日(土)11時30分
〇場所:ルミエール華月殿 6階 富士


児童虐待防止街頭啓発活動(平成25年5月11日(土))
平成25年5月15日
和歌山県連女性部約30名で午前11時からJR和歌山駅前にて、小雨の降る中、児童虐待防止街頭啓発活動を行ないました。
笠原恵利子白浜町議会議員の司会のもと、森礼子和歌山県議会議員、丹羽直子和歌山市議会議員、福山晴美岩出市議会議員、職域支部からは、谷真子看護連盟会長、上土谷雅子女性部長がマイクを握って、児童虐待防止を訴えました。
内閣官房副長官 世耕弘成参議院議員も応援、激励に駆けつけていただき、朝顔の種と虐待防止のステッ力ーを配る各支部女性部の方々も活気付き約30~40分の間に1000枚を配布いたしました。


台風12号による被災地支援活動(平成24年6月5日(火)・6日(水))
平成24年6月26日

平成24年6月5日(火)6日(水)県連女性部約60名が被災地支援活動の一環として、昨年の台風12号による豪雨災害で甚大な被害に見舞われた地域の視察に行ってまいりました。
新宮市では、濱口県議から被災後川舟下りの利用者も減少しているとの話を聞き、支援活動になるのではと川舟下りを計画いたしました。
当日は、あいにくの雨の中、変わり果てた姿の熊野川を1時間30分かけて川舟で下り、身近に熊野川流域を視察し、熊野速玉大社に到着しました。



そこで、尼さんが新宮参詣曼荼羅の絵解きをして下さいました。
平安時代から多くの人々から篤い信仰を集めてきた伝説を分かり易く解説いただいた後、熊野速玉大社を正式参拝いたしました。

また第20回文化勲章を受け、新宮市名誉市民の作家・詩人・評論家佐藤春夫の記念館も見学し、新宮モダン文化にも触れました。
那智勝浦町では、植地篤延副町長による台風被害の悲惨な土砂災害状況を映像を交え説明を受けました。

翌日は、大きな石がごろごろした那智川流域を視察した後、熊野那智大社を正式参拝しました。 朝日宮司が、当事二階代議士がいち早く現地に入り、また谷垣総裁・自民党国会議員も視察してくださったことについて感謝を述べられたことが、非常に印象的でした。

那智山青岸渡寺・那智の滝を参詣した後、日高川町にて、中村政調会長・花田県議出席のもと、玉置俊久町長による災害状況や当時の対応について研修を受けました。



二日間自民党女性部だからこそできる有意義な研修会や体験ができました。
この研修を通して、感じたことは、災害の際いち早く何らかの手助けすることの大切さ、泥を除去するなどの労働だけでなく、年齢を重ねた私達女性にでもできる皆様に喜んで頂ける支援活動もあるということを実感致しました。
今後とも自民党女性部として少しでも地域のお役に立てる活動をしていこうと心に誓った良い研修でありました。


平成22年5月18日・19日
平成22年6月4日

5月18日・19日の二日 女性部中央研修会として東京に行って参りました。 18日は党本部にて衆議院議員小泉進次郎先生 参議院議員義家弘介先生 参議院議 員山谷えり子先生の講演を聞き、19日は国会見学をして参りました。

参加者 自由民主党和歌山県連女性部40名